APPS(別名アプレシエ)は、従来のビタミンC誘導体より美肌効果が数十倍も高いと話題の成分です。

APPS化粧水は効果があるの?

どこに売ってるの?

おすすめのAPPS化粧水は?

このように、気になっている人が多いと思います。

ここでは・・・、

APPSの効果

APPS入りのおすすめ化粧水

を紹介します。

APPSが配合されている化粧水はまだ少ないですが、徹底的にかき集めてみました!

ドラッグストアやデパートには多くの化粧水が置いてあるのでその中からAPPS配合のものを自分で探すのは大変ですよね。

調べてみると、有名メーカーからもAPPS化粧水が出ていました。

オススメ順に10個紹介するので購入の参考にしてくださいね。

目次

APPSとは?

まずは、APPSについて簡単におさらいしましょう♪

APPSはビタミンC誘導体の1つ

ビタミンCは肌へ浸透しにくく、そのまま化粧品に配合してもあまり意味がありません。

そこで、「ビタミンC」に化合物をくっつけて、肌への浸透率を高めたものが「ビタミンC誘導体」です!

APPSは、そのビタミンC誘導体の1つです。

ビタミンC誘導体は、ニキビ、シミ、シワなどに効果のある「万能美肌成分」として有名ですね!

ビタミンC誘導体【ニキビ・シミ】5つの効果 | 情報ブログニキビ・美白・シミ・シワ・目のクマへの美肌効果を解説!
themeupgo.com

APPSが一番効果が高い

一口に「ビタミンC誘導体」と言っても、いくつか種類あり、それぞれ肌への浸透率や効果が異なりますが、ビタミンC誘導体の中でも、最も効果が高いのがAPPSです!

ビタミンC誘導体を浸透率が高い順に並べると…

・・・APPS
(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)

・・・リン酸アスコルビルNa、リン酸アスコルビルMg

・・・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

・・・アスコルビン酸グルコシド


となり、特にAPPSの浸透率は他のものの数十倍もあります!

APPSは肌の奥まで浸透

APPS以外のビタミンC誘導体は…、

  • ・水になじむ「水溶性」
  • ・油になじむ「脂溶性」

のどちらかに分類されるのですが、APPSは、水溶性と脂溶性を両方併せ持つビタミンC誘導体です。

そのため、浸透率は他のビタミンC誘導体の数十倍も!!

イオン導入をしないと届かないと言われていた肌の奥までビタミンC を届けられると注目されている成分なんです!!

刺激も少なく、皮膚科でも使われています!

apps化粧水

APPS化粧水の見つけ方

では、どのようにAPPS化粧水を探せば良いでしょう??

APPS は高価なので、まだ配合されている化粧水は少ないですが、探せば有名なメーカーのものも見つかりますよ!

化粧品への表示形式を覚えましょう

APPSの別名

APPSは正式にはこのように呼びます。

パルミチン酸アスコルビンリン酸3Na

APSSの化粧品への表示形式

パッケージの「表側」には、

APPS配合

アプレシエ配合

と表示されることが多く、

パッケージ「裏面」の全成分表示には、

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

と表記されています。

ビタミンC誘導体=APPS ではない!!

よく 「ビタミンC誘導体配合」 と書かれている化粧水を見ますが、ビタミンC誘導体=APPS ではありません!!

ビタミンC誘導体 には、APPS以外に何種類もあります。

また、APPSは高価な原料なので、ほとんどの化粧水がAPPS以外を配合しています。

しっかり配合成分を確認してから買いましょう。

配合成分の中に『パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na』の記載があれば、確実にAPPS配合化粧水です。

買う前にチェックしてくださいね。

APPSの配合率の目安

高濃度だと刺激を感じることもあるので、APPS配合率は、0.1%~1%程度 を目安にします。

1%以上だと、目に入ると危険なので、逆に1%以上配合しているメーカーは無いでしょう。

でも・・・、APPSの配合量は問い合わせても 「非公開です」 と回答が来ることがほとんどなので、配合率を知ることは難しいのが現状です。



次のページ「APPS化粧水おすすめTOP10」を読む

ページ2では、「APPS化粧水おすすめTOP10」を詳細に紹介します♪