スーパーマーケットに行けば、安い値段の塩から高級な塩まで、いろいろな種類の塩が陳列されていますよね。

なんとなくいつも使っている「伯方の塩」や「赤穂の天塩」ではなく、高級な塩で料理の味をワンランクアップさせたい人も多いのではないでしょうか。

そんな人のために高級な塩をランキングしました。

塩ってどうやって選んだらいいの??

料理によって使い分けよう

塩に含まれる塩化ナトリウムの割合が高ければしょっぱい他の成分が多いものはコクが強くなります。

高級塩の使い分け方

肉料理でなどで素材の味を引き立てたいのならば、酸味がある塩化ナトリウムが99%以上の「あらしお」などがおすすめ。

野菜や魚にコクや旨味をプラスしたい場合は、にがりやマグネシウムを加えた「藻塩」などがおすすめです。

塩の粒の大きさで選ぼう

粒の大きさ形は、味の感じ方を左右する大事な要素です。塩は口の中で溶ける瞬間に、しょっぱさを感じるので、溶けやすい小粒の塩はシャープな塩辛さを感じ、大きな粒はまろやかに感じます。

高級塩の粒の大きさによる違い

小粒な塩は浸透しやすいので下ごしらえに向いています。

大粒の塩は表面に残るためステーキなどの旨味を引き立てるのに向いています。

フレーク状の塩やパウダー状の塩は、食感や見た目も楽しめるのでトッピングとして向いています。

しっとり/サラサラの違いで選ぼう

サラサラとしっとりの違い

サラサラの塩は振り塩に向いています。塩に含まれる「にがり」は空気中の水分を吸収しやすいので、「にがり」が少ない塩のほうが湿気にくいです。

しっとりの塩は水分量が多く素材にまとわりつくので、焼いたり炒めたり、漬物にしっかり絡ませる時に向いています。

次のページ :
高級塩オススメ20商品